CIAハッカー部隊の秘密基地

ムーアの法則維持されてワシらは嬉し

ムーアの法則維持されてワシらは嬉し

ムーアの法則ってのがありまして、経験的なもんですが、CPUの性能が2年毎に2倍になるというやつです.

intelの創業者の一人であるゴードン・ムーア博士が発見したものです.

この法則にしたがってCPUは性能を上げてきたんですが近頃どうにも雲行きが怪しくなって、もう無理じゃね、との声しきりでした.

理由は、回路の微細化が進んで天井にぶつかる、素子1個あたりで作動する電子の個数が少なくなって量子力学での不確実性を考慮しなくてはならないところまで来てしまったからです. 

そこで原子1個の膜であるグラフェンの登場となります.銅に比べて電気抵抗もうんと少ないいい塩梅ですが.

大きな面積のシートを作り出せませんでした.

今回オーストラリアの研究者徐东翰氏がクレジットカード大のシート製造に性交しました.

しかも原料が大豆油です.捨て場所に困るほど生み出されるものです.

もっと大きなサイズのモノが安価に出来て私達のPCに載るようになればいいですね.

(注)日本のメーカ、例えばソニー(株)さんはすでにシートを発売されてますけど高いです.

goo.gl/PE8vwg

)

アメリカ2025年の目標 中国今年実現w

アメリカ2025年の目標 中国今年実現w

エクサ級スパコン今年実現

2015年中国のスパコンが世界最速の地位を得るやオバマ氏はイタく御不興召され行政命令を発布あらせられ2025年に米国は世界最速エクサ級スパコンを作成すべしとのたまう。

当時世界一のスパコン中国’天河二号’は高々5.49テラフロップであった。

エクサ級スパコン世界中でスパコンの王、人類の直面するエネルギー危機、大気汚染、気候変動などに巨大な作用をもたらすものとされた。

オバマ氏の見立てでは当時中国が運用していた最速スパコンの20倍の能力を持つものを10年あれば開発できるということだった。彼は中国が10年ではその演算能力を20倍にすることは出来まいと踏んだ。したがってオバマ氏は10年後には1エクサ(100京)級スパコンを開発できると固く信じていた。

ところがここ2日間の中国情報に接し彼の顔色は変わった。中国が今年末にアメリカが目標としていた100京フロップのスパコンの研究開発に性交するという報せがあったからだ。

メディアの伝えるところによれば2016年天津スパコンセンターは国防科学技術大学と連携し2017年末には性交するだろうという段階的成果を得た。国防科学技術大学を除いては中科曙光、江南計算技術研究所も100京超クラスの目処が付き、3頭並んだ状態である。

新浪 

それでも中国が世界最速のPC用CPUを作れるかとなると、そうは烏賊の金玉。ガチガチの特許が入り乱れ、インテルのように専用のコンパイラを持っていてグラフィックの効率が段違いとか、PC用となると難しさのレベルが違います。

3Dプリンタ5品

3Dプリンタ5品

例えば虫歯補綴に適用ですよね。3Dプリンタでプラスティックの補綴材を作れば簡単じゃないですか。型取って、それをレーザーで精密にコピーして成形。

歯科医師に問われるのは歯の組織を生きたまま保存することです。神経を抜く抜髄を止めることです。

補綴剤の色合わせだってスマホで歯の画像を撮ってフーリエ解析して材料調合を変えればイイです。

笑う度に銀歯金歯が光輝きさながら獅子舞というのは時代遅れだと思う今日このごろです。

あと平面プラスティックレンズ+非球面レンズ+絞り羽で人工の瞳が出来ますよね。角膜に相当する非球面レンズはグラフェンで作ればいい。

こう考えると角膜損傷、角膜ヘルペスで視力を失った方々も視力を取り戻せる。

人工骨、関節ももっと安くできる。

少し良い時代が目前です。

Masterの正体はalphaGO

「Master」が出現!世界トップ棋士を続々撃破=alphaGO

新年早々、囲碁界にビッグニュースが飛び込んできた。1月2日、謎の囲碁アカウント「Master」が、 井山裕太六冠とみられる人物と対戦し撃破した。勝負の様子は囲碁サイト「野狐囲碁」で生配信され、世界中の4000人以上が見守った。

【謎の囲碁棋士「Master」】

対局が始まったのは2日20時前。ネット上では瞬く間に謎の怪物と日本最強が対戦しているとの情報が駆け巡り、視聴者数が急増。勝負も序盤から激しい戦いとなった。 SNSでは日中韓のプロ棋士が実況し、トップ棋士の1人、古力九段(2003年~2008年の中国ランキング1位)が「井山六冠(白)が良い」とコメントした局面もあったが、次第にMaster(黒)が逆転。20時40分ごろに中押し勝ちとなった。

 

  野狐囲碁のデータベースによると、Masterの所在地は韓国。1月1日夜に登場してから、中韓のプロ棋士らに破竹の11連勝を飾っている。 戦歴は東洋囲碁を含めていまだ無敗であり、柯潔九段は「刑天は2016年3月のAlphaGoと同レベルで、Masterはそれより強い」と評している。 1月3日までに勝てた場合は賞金10万元(約170万円)を出すとの情報も出ている。

  野狐囲碁のデータベースによると、Masterの所在地は韓国。1月1日夜に登場してから、中韓のプロ棋士らに破竹の11連勝を飾っている。 戦歴は東洋囲碁を含めていまだ無敗であり、柯潔九段は「刑天は2016年3月のAlphaGoと同レベルで、Masterはそれより強い」と評している。 1月3日までに勝てた場合は賞金10万元(約170万円)を出すとの情報も出ている。

  


  ところが「Master」の正体はアルファ碁だとのことです。


  米グーグル傘下のディープマインド社が開発した人工知能(AI)の囲碁ソフト「アルファ碁」改良版が、世界トップ級棋士らとインターネットで対局し、次々と破っていたことがわかった。同社最高経営責任者のデミス・ハサビス氏が日本時間の5日、短文投稿サイト「ツイッター」で明かした。


 対局が行われたのは韓国や中国の囲碁サイト。サイトでは多くのプロ棋士がハンドルネームで登録し、練習対局をしている。ここ数日、韓国や中国の囲碁サイトに「Magister」や「Master」を名のる謎の対局者が現れ、日本や中国、韓国のトップとみられる棋士らに連戦連勝。その正体が話題になっていた。


 ハサビス氏はツイッターで「Magister」と「Master」が、いずれもアルファ碁の改良版であることを明かした上で、「年内に公の場で対局したい」とコメントした。


 ネット対局を観戦した張栩九段は「一手一手にさほど驚きはないが、いつの間にか形勢が良くなる。相当強くなっている」とみる。アルファ碁は昨年3月、韓国のトップ級棋士を破ったが、さらなる進化を遂げたようだ。

以上 日経 

プロフィール

baby powder

Author:baby powder
北海道函館から発信
在线咨询">在线咨询(☜点击

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる