茨城県つくば市の県道沿いの歩道で6月、歩行者の団体職員男性(当時62歳)が、無灯火のマウンテンバイクにはねられて死亡する事故があり、県警が、運転していた同市の男子大学生(19)を重過失致死容疑で水戸地検土浦支部に書類送検していたことが23日、捜査関係者などへの取材でわかった。

 大学生は事故直後、男性宅を訪れて妻(62)に謝罪し、スマートフォンを見ながら運転していたと説明したという。

 県警の発表によると、事故は6月25日午後8時45分頃に発生。男性は正面から来たマウンテンバイクにはねられて頭を強打し、26日未明に死亡した。マウンテンバイクにはライトが取り付けられていなかった。

 男性の妻が大学生や県警から受けた説明によると、事故当時、大学生は両耳にイヤホンをつけ時間を確認しよようとスマホを操作しており、進路前方にいた男性に気付かなかったという。

________________________

これって私の場合は比較的早いうちに経験してまして、護国神社の坂でオネェチャンが携帯を一心不乱に打ちながら猛スピードで私の方に向かってきました。立木の影に身を隠したところを「シャー」っと風切り音を残して去っていきました。いずれ起こるだろうなと思っていました。