MathJax.Hub.Config({ tex2jax: { inlineMath: [['$','$'], ['\\(','\\)']], processEscapes: true }, CommonHTML: { matchFontHeight: false } });

米銀から警戒警報、米国債市場にダブルパンチ

米銀から警戒警報、米国債市場にダブルパンチ

銀行が債券市場に警戒警報を発している。米商業銀行の米国債と連邦機関債の保有が減りつつある一方で、融資が急増中だからだ。これは債券へのダブルパンチとなる。融資拡大は経済成長加速(債券相場の下落要因)を意味するし、融資を増やす原資を得るために銀行が債券を売る可能性もある。銀行は1980年代以来米国債保有を増やしてきた。この時期は35年にわたる米国債上昇相場に一致する。保有減は利回りをさらに上昇させる可能性がある。ブルームバーグ

ーーーーーーーーーーーーーーーーーー

①景気がいい. 企業は銀行から借金して投資、家計は住宅購入 

②資金需要が旺盛なんで貸出金利が上がる.

③手持ちの債券と貸出金利の比較選好、貸出金利が高ければ債券売却.

④既発国債の価格下落=金利上昇

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

baby powder

Author:baby powder
北海道函館から発信
在线咨询">在线咨询(☜点击

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる