愚公山を移す

愚公山を移す

貴州省遵義市近郊在住の黃大発氏(82歳)その住む村はコメができず歴史始まって以来豊かになったことがありません.近くの街との間には大きな山が2つあり道路さえありません.

水さえあれば豊かになれる.どうすればいいのか,水を引いて来ればいい.

彼は早速村人に掛け合います.しかし、道具と言えばノミとハンマー、モッコ、ツルハシ、スコップくらい.それでも村人は黃氏の指導の下岩を穿ち始めます.10年を費やして100mの水路を開削します.水が村を潤します.ところが程なく水が枯れてしまいます.彼は水、土木工学についての無知が事態を引き起こしたことを悟ります.

そこで彼は村を出、3年間大学生となって水理学、土木工学を学びます.

村に戻った彼は村人に驚くべき提案を行います.なんと9.4㎞に渡って水路を掘るというのです.しかも殆どが300mの岸壁です.あまりのことに聞いた人たちは天を仰ぎます.

しかし、工事は始まります.爾来36年、とうとう水路は完成し、周りの村にも水を供給しています.

テキストと映像のミックスはこちらをどうぞ.https://goo.gl/PpLQ0i

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

baby powder

Author:baby powder
北海道函館から発信
在线咨询">在线咨询(☜点击

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる