今直ぐ攻撃しないなら単なる自慰行動

今直ぐ攻撃しないなら単なる自慰行動

北朝鮮への米武力攻撃をとめるためか?――習近平、トランプに電話

2017年4月12日(水)18時15分

遠藤誉(東京福祉大学国際交流センター長)

一 武大偉・六者会談中国代表の訪韓が語るもの 

武大偉・六者会談中国特別代表は訪韓した韓国で昨日(4月11日)、韓国の尹炳世外相や六者会談韓国本部長らと話し合い、「中国はいかなる場合でも北朝鮮の核保有国としての地位を認定せず、黙認しない」と述べた上で、以下のように語った。

1. 中国は米国が韓国にTHAADを配備することに反対する。

  

2. 朝鮮半島の非核化のために、中国は積極的に対話を求める。

  

3. 中国は国連安保理の対北朝鮮制裁を積極的に実施している。

  

4. 核保有が決して問題解決の出口にはならないことを北朝鮮に認識させる。

二 マティス米国防長官――通常の軍事訓練

ロイター電

理由があって西太平洋に配備し、制限なく行動をしている。同海域に現在向かっているのは、現時点でそこに置くのが最も将来に備えたものであると考えるからだ

 

三 これはつまり、今すぐ戦争状態に入るのではないことを意味している。

米中首脳会談後の「習近平・トランプ」電話会談と言い、武大偉氏の発言、特にマティス国防長官の発言から総合的に考えると、いますぐ「北朝鮮攻撃」は起きないということになろうか。

しかし、つぎの瞬間、何が起きるかが分からないのがトランプ大統領の特徴でもある。

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

baby powder

Author:baby powder
北海道函館から発信
在线咨询">在线咨询(☜点击

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる