米撃墜成功率5割に届かず

朝鮮対日核弾頭発射時米撃墜成功率5割に届かず

2017年04月12日 16:33 观察者网 

まず、北朝鮮が核弾頭を有しているとの前提での話です.その真偽の程はわかっていないと考えます.

以下ちょべっと引用開始

     

 朝鮮ロケット「火星8号」ミサイル技術は高くない.でも数発同時発射技術を有している.

アメリカが韓国に配備するTHAADは中高度での迎撃能力がない.ただ直近に飛来したミサイルを迎撃できるだけである.

カバー範囲は大体200平方キロである.もし日本全土をカバーしたいなら百数十ユニットが必要だ.

将来配備される日本製SAMは中段迎撃能力を有するがその性能は理想的条件下でのものであり、瞬時、突発状況下で発揮されるとは考えないほうがいい.

4発を同時発射するとして東京を同時攻撃する場合、pariotシステムで防御できる

以下略.

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

かなり楽観的な予測なんですが、10発を超える同時同地点攻撃に際してはしばらくの間防御手段がありません.

他の大都市を狙われた場合は悲惨の一語に尽きます.

計算例としてnukemap http://www.nuclearsecrecy.com/nukemap/ をあげています.

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

baby powder

Author:baby powder
北海道函館から発信
在线咨询">在线咨询(☜点击

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる