喜寿にして知恵熱

トラ氏 オバマ流ノラリクラリ戦法に転換

軍産複合体と正攻法で戦うのをやめたトランプのシリア攻撃 .  

 トランプは4月4日以来「化学兵器で子どもたちを殺したアサドが許せない。武力で転覆してやる」と息巻いている。

  

だが実のところ、米軍がアサドを殺すことは不可能だ。

  

アサドは、ロシア軍に守られている。

  

米軍は今回、ミサイル発射前にロシアに通告し、ロシアは防御や対抗手段をとらずミサイル攻撃を批判しつつも看過した。

  

だが、次に米国がシリア軍の施設をミサイル攻撃するなら、ロシアはもっと強い態度に出て、防御や対抗手段をとる。

  

米軍機が勝手にシリア領空に入ってきたら、露軍が迎撃するかもしれない。

  

米露の戦闘は、一歩間違うと人類破滅の核戦争になる。米軍の上層部は、ロシアを敵視するだけで、ロシアと戦争する気がない。シリア上空はロシア軍が抑えている。米軍は、そこに入って行かない。トランプはアサドを倒せない。

  

、田中 宇(たなか・さかい)国際ニュース解説

*********************************

倒せなければてを引くしかないです.

引けばトラ氏の公約達成.人間一直線だけでは賢い世渡りが出来ないんですね.

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

baby powder

Author:baby powder
北海道函館から発信
在线咨询">在线咨询(☜点击

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる