台湾・蔡英文総統は海外に亡命

米中会談後、台湾・蔡英文総統は海外に亡命?

2017年4月4日、時事述評によると、台湾の前立法委員で政治評論家の邱毅(チウ・イー)氏は、中国の習近平(シー・ジンピン)国家主席とトランプ米大統領が今週初会談した後、台湾の蔡英文(ツァイ・インウェン)総統が「海外へ亡命する」と予測した。

レコチャ 

トランプ政権発足後、台湾の民進党政権は米国との関係を強化すると表明。専門家チームを組織し、情勢分析に力を入れてきた。邱氏は「米国は必ず台湾を『売りに出す』。なぜなら中国の助けがあって初めて世界のリーダーの座を維持できるからだ。トランプ氏が対外的にどんなに放言を続けていても、中国に対しては妥協せざるを得ない。習氏は米国が表向き強面でも、内心焦っていることを分かっている」と指摘した。

  

邱氏は、米中首脳会談で両国の関係強化が確認されれば、台湾は「捨て駒」になる可能性があると予測。経済的に台湾は主流から外れて行き、景気低迷が深刻化し、社会対立が激化。市民の憤りは強まり、抗争が表面化することで、現政権の維持は難しくなるとした。さらに、蔡総統が「米国に売られ」、台湾独立の夢は絶たれ、海外への亡命を余儀なくされるとした。

-------------------------------------------------

台湾独立機運が崩壊する最大の原因は94歳と言う李登輝氏の年齢です.

李登輝氏が世を去れば独立運動はその精神的支柱がなくなります.

 

李氏の兄上は大日本帝国軍人として死去.本人も帝国陸軍兵士でした.

ところがこんな体験を有する人も後数年で絶滅します.

日本国に対して特別の思いを抱き、独立を志向する方も消滅します.

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

baby powder

Author:baby powder
北海道函館から発信
在线咨询">在线咨询(☜点击

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる