日本は屡台湾に介入 緊張を作って米にすがる

サウスチャイナ・モーニング・ポスト《南华早报》3月30日、トラ氏が大統領に就任して以来有してきたアジアに対する不明確さは同諸国をして政治外交上の保障を欲するに至らしめた.

台湾と日本がまさしくそうであり、ともに関係改善を求め、アメリカとの関系が動揺しないようにした.

しかし、考慮すべきはこの地区の地政学的現実であり、いずれの挙動も安定に影響することだ.

伝えられるところではティラーソン国務長官のアジア訪問は本来台湾、日本の不安を宥めるためであった.

蔡英文は九二共識の承認を拒絶し、安倍は中国と和解する術がない.

安倍は只管日本の平和憲法を顧みず軍備を拡張し、間もなくインドアメリカとの演習参加を名目に5月日本最大の軍艦が南海海域に突入する.

訪問自体は順調に行ったがトラ氏の対アジアの立場がなお釈然としないものがある.

彼は複雑な信号を発し、貿易問題、日本に対して発してきた防衛問題について懐疑を生み出している.

アジアの発展には安定が必要だが台湾一味と日本は緊密な連携の元、日本が台湾に干渉し地域の緊張を高める.

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

baby powder

Author:baby powder
北海道函館から発信
在线咨询">在线咨询(☜点击

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる