最も罪深く、最も危険な人物

 「過去において最も罪深く、将来においても最も危険な人物」

Stefan Zweigによる評価

ジョゼフ・フーシェ(仏: Joseph Fouché, 1759年5月21日 - 1820年12月25日)

カメレオン(冷血動物)

蒲柳の質故神学校に入り物理と数学を学び卒業後は教師として過ごす.そしてフランス革命を迎える.

カルノー(熱力学)や無名の弁護士であったロベスピエール(フーシェと1つ違い)と交わり、彼の妹と交際。

フランス革命後に教会を否定する非キリスト教化運動に関わるようになって、1792年に国民公会の議員に当選。

議会でルイ16世処刑の採決でLa mort(死刑)と投票(このあたりは「ジョセフ・フーシェ」ツヴァイクで描かれています). 以後この投票が祟ることになる. 



スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

baby powder

Author:baby powder
北海道函館から発信
在线咨询">在线咨询(☜点击

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる