米新国防長官南海問題は武力行使不要、外交的解決がベスト 

美国新任防长:在南海无需动武 最好还是外交解决

米新国防長官南海問題は武力行使不要、外交的解決がベスト 

2017年02月04日 18:10 观察者网

頃日米高官「米中開戦不可避」を叫ぶ者の論調漸く勢いを増し、同時にイランのミサイル発射問題で対イラン新制裁実施が語られている。トランプ大統領は各種のオプションを取ることが出来、対イラン武力発動の可能性を暗示している.

アメリカ国外のこうした思惑の中、日本訪問中のマティス国防長官は中国のみならずイランの問題も、アメリカは軍事的手段を採る考えはないと表明した.南海の問題については何と言っても外交ルートを通じた解決が最も望ましいものであるとのマティス氏の態度表明はオバマ政府の政策と基本的に一致するものである. 

ロイター社2月4日、訪日中のマティス国防長官は東京にて記者会見し、南海問題でドラスティックな軍事行動を採る必要はないと考えている旨表明した.

我々は外交的手段全ての外交手段を用いるつもりであり、適当な妥結点を見つける.海上交通の円滑を保持するのは軍であるが現在武力を動かす必要はない.最も重要なことは外交官が解決することだ、と述べた.


トラ氏の国防長官がここまで明言するとは、前任カーターとの比較でまさしく昔日の感があります.

これほどまでドラスティックに変わるもんなんですねぇ.

アメリカ、日本国内のネオコン戦争屋に対し絶縁状を出したということです.

赤破門で済むものではありません.

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

baby powder

Author:baby powder
北海道函館から発信
在线咨询">在线咨询(☜点击

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる