台湾学者余と同説なり

台湾学者余と同説なり

台学者称特朗普或出卖台湾 与大陆签署新联合公报

香港中評社が2月2日伝えたところによると、台湾彰化師範大学公共事务与公民教育学系助理教授李毓峰氏がインタビューを受けた.トラ氏の利を求めるあざとい性格から言って、対中国貿易、南海問題、一つの中国の問題は言い値を釣り上げる戦術運用の一つであり、中国大陸に対する貿易戦争に至らず、南海問題は強硬に至らず、一つの中国見直しは反対にトラ氏が談判と取引でアメリカの利益を最大化する手段としてとる可能性がある、と述べた.

 李毓峰氏は、中国政府が経済貿易問題でアメリカ政府を満足させ得るなら値段のつり上げを引っ込め、第四の米中連合声明を発するかも知れない.これに対し台湾は必ずリスク回避と準備をする必要がある.

トラ氏の南海問題に対する態度はゲームの戦術というだけで中国に対してチップを積み上げているにすぎない.

実際、トラ氏の南海問題への態度ははっきりせず、具体的に実行可能な処理方法が欠けている.強硬な態度は威嚇効果を狙ったものであり、中国との力比べで有利な地位を占めようというもので具体的に実行可能で完全な政策というものがない.


ホワイトハウスのスポークスマンにとっては中国政府の2度にわたるビシーッとした反応は南海諸島を巡る争いにアメリカが介入する余地を全く与えないものだ.


李氏の分析では、中国はトラ氏に応じて貿易問題と為替問題で広範な協議に入っており、合理的で銭金尽くの談判が進んでいる.何故ならアメリカの対中貿易赤字はバランスが崩れたものになっているからだ.FEPが乱調で再起動します.

<
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

baby powder

Author:baby powder
北海道函館から発信
在线咨询">在线咨询(☜点击

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる