MathJax.Hub.Config({ tex2jax: { inlineMath: [['$','$'], ['\\(','\\)']], processEscapes: true }, CommonHTML: { matchFontHeight: false } });

トラ氏直面7つの難題

トラ氏直面7つの難題

1.債務の増大と金利上昇

 トラ氏はインフラ大投資と工業発展を掲げる。両者はアメリカの通貨供給増大と金利上昇を意味する。どう捌くか。


2.工業振興と供給不足の解決

 マンパワーと資源はもちろん有限だ。工業振興にあたり両者を同時に満足する方法がない。アメリカ経済は既に成熟し、失業率は低いのにできるのか。

 

3.経済成長促進と反グローバル化

 経済学原理が私達に教えることは、開放経済が発展に有利ということだ。この30年来アメリカはひたすらグローバル化を推し進め、その頭目であった。グローバル化はアメリカ国内の階級断裂を拡大させたが経済のパイは大きくなった。今後アメリカの整合的な政策が取れるか。


4.貧富の格差是正とウォール街向けに偏った減税の間の矛盾

 一国は貧富の格差がさほど大きくない状況下において初めて安定的に成長する。

今のアメリカは貧富の格差が非常に大きい。0.1%のアメリカ人が全米40%の資産を保有する。そしてその差は大きくなりつつあり2008年以降速度を増している。

 

5.強いドルと弱いドルの矛盾

 強いドルあればこそ外資が流れ込み、株価、住宅債務担保証券の値が安定的に上がる。しかし、外国の工業製品の値下がり販売増により貿易赤字が増加する。これでは製造業振興ができない。

 

6.孤立主義を唱えたが却って国際的な緊張を高めて対外介入を呼ぶ

 口に「アメリカファースト」を唱え「当選後は国民と国家の安全が第一」「より多くの資源をアメリカ国内で使う」「国際的な作用を減らす」と言っては見たものの、中台間、南海問題で容喙介入の姿勢を見せ、ロシアを巻き込んで中国と対立させんと図り、イスラエルにテコ入れしてイランと対立させんと図っている。

 これは必然的にアメリカの対外関与を増大させ国際的緊張を高め、外交事務により多くの資源を消耗することになって選挙時の公約に反してアメリカを外国に関与介入させることになる。

新浪記事 http://mil.news.sina.com.cn/dgby/2017-01-23/doc-ifxzuswq3294660.shtml

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

baby powder

Author:baby powder
北海道函館から発信
在线咨询">在线咨询(☜点击

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる