MathJax.Hub.Config({ tex2jax: { inlineMath: [['$','$'], ['\\(','\\)']], processEscapes: true }, CommonHTML: { matchFontHeight: false } });

Michael Pillsbury氏在北京①

タカ派中国通 トラ氏の対中国政策の一端を示す①

Michael Pillsbury

只の民間人ではありません。ネオコンシンクタンク、ハドソン研究所の中国戦略研究主任、しかもこの度トラ氏政権で対中国政策顧問としてホワイトハウス入りする方です。「中国100年マラソン」「中国に殺される」などの著書で「中国脅威論」を煽って有名な方です。少し前には台湾を訪れています。

2017年1月14日、北京で「中米関係の前途」と題する討論会に参加しました。

その発言が注目です。 

1.トラ氏が「アメリカを再び偉大な国に」したいのなら、中国との付き合いがこれから更に重要になる。

2.トラ氏は中国関連専門書を読んで、中国人は他に比較して外交経験が豊富な世界で最も聡明な交渉人であるとのイメージを持っている。「中国とは交渉するな、必ず丸め込まれる」これがトラ氏がピルズベリー氏への言葉である。

3.トラ氏はこういう場合の対処方法は中国政府に対して君が何を考えているか予想できないようにすることだ、と言った。

ピ氏はフォーラムの席上中米関係の敏感なところとして次の点を指摘した。

以下次に続きます

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

baby powder

Author:baby powder
北海道函館から発信
在线咨询">在线咨询(☜点击

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる