白人米軍人=「色の白い男」

白人米軍人=「色の白い男」伝統健在

沖縄の名護市安部でオスプレイ墜落した件ですが「不時着」とマスゴミは表現しています。


同じ日に普天間基地でほかの機体が胴体着陸という「不時着」がありました。


どうせ住宅地に落ちても沖縄土人、シナ人(大阪府警機動隊養成課程における教育の成果である表現)で死んだ者は帰ってこないんだから本土で事故を起こされるより気が楽ですw。


適当に抗議して飛行禁止を「嘆願」して、アメリカ様の「思し召し」で束の間の「飛行自粛」があって、ホトボリが冷めたら再開と段取りは決まっています。鉄板不動揺るぎ無きものですw。


敗戦後、占領軍の兵士によって日本の女性が強姦される事件が相次ぎました。当時マスゴミはGHQの検閲下にありました。


占領軍兵士の軍務中の犯罪については日本の警察は手も足も出ませんでした。要するにそこらで女性がアメリカ兵に輪姦されていてもお巡りさんは見てみぬふりしか出来ませんでした。


因みに日米地位協定により軍務中の軍人に関して日本の警察権は及びませんw。


話を戻して、当時の新聞は検閲をかい潜るため、白人米兵が犯人の時は「色の白い男」、黒人米兵による時は「色の黒い男」と表現しました。


しかし、これではアメリカ軍人あることが容易に推察されるため「背の高い男」になりました。


墜落、破片散乱が「不時着」であっても何も異とするに足りませんよw。


現地海兵隊司令官によれば「住宅地に落ちなかったことを感謝しろ」と言うことです。


沖縄土人、シナ人(大阪府警機動隊養成課程における教育の成果である表現)は命の値段が本土の方々に比べて軽いわけですから死ななかっただけマシと思えよという宗主国軍人からの「敕諭」ですw。





スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

baby powder

Author:baby powder
北海道函館から発信
在线咨询">在线咨询(☜点击

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる