MathJax.Hub.Config({ tex2jax: { inlineMath: [['$','$'], ['\\(','\\)']], processEscapes: true }, CommonHTML: { matchFontHeight: false } });

暗闇の先に先には光明がある

愚の骨頂を更に一歩登るトランプ氏

思想的にゴリゴリの反中国主義者かと思いきや、「台湾独立容認も所詮は中国との取引カードの一枚にすぎない」っていう手の内を先に晒してひとり悦に入っているだけのことでした。極度のナルシストなんですね。


中国にしてみればトランプ氏の発言を容認することは「国家分裂」=アヘン戦争から大東亜戦争勝利までの悲劇と屈辱を容認することになります。絶対に受け入れませんし、戦争のリスクも厭いません。


長年の友人にして恩人のキッシンジャー氏の助言もありましたからトラ氏の大統領就任まではせいぜい言葉の応酬で経過します。それとてあと40日足らずです。その後は激烈な反応を示します。


戦争のリスクを恐れないんですから経済的な対抗手段を繰り出すのに何のためらいもありません。


かくてアメリカの市場は大混乱に陥ります。アメリカはその覇権を維持する経済力が枯渇したことを満天下に晒すことになります。


でそこからトラ氏お得意の「取引」始まります。腹蔵なく取引をして合意点を見出すにはその方がいいですね。


台湾独立を唱える人たちにとってもアメリカ新政権が示す親台湾姿勢の根拠はその程度のものだという冷厳で動かしがたい現実を突きつけ「根拠なき独立主張騒ぎ」に冷水をぶっかける効果が有ります。


歴史的に有名な大きな川もあるし今ひとときの細い流れも有ります。行く手には淀みもあれば滝もある。でも所詮は大きな海に流れ着くものです。案じたところで無駄です。

経済的大混乱の先に平和が見えてきました。


スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

baby powder

Author:baby powder
北海道函館から発信
在线咨询">在线咨询(☜点击

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる