トランプ蔡英文電話会談

戦略的不動性で中米関係の可変的要素に対処

もう1つは、戦略的不動性を保つこと。トランプ氏の常軌を逸した言動は中国に探りを入れるものであり、反撃しなければ中国は都合の良い弱者と思われてしまうとの声がある。

http://j.people.com.cn/n3/2016/1206/c94474-9151337-2.html


反撃するも何もトランプ氏はまだ大統領に就任していないわけです。

事を構えるなら正式就任の後にしないと始まりません.


今は8年間付き合ってきたオバマ氏が政権にあるのです.

先んずれば人を制す、と悦に入っていられるのもあと50日です.そ


れまで待っても何の不都合もなく、早まって反応しても相手はアメリカ政府は対処の仕様がありません。

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

baby powder

Author:baby powder
北海道函館から発信
在线咨询">在线咨询(☜点击

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる