3分の2の職を奪う

ロボットは発展途上国の3分の2の職を奪う

国連の報告書によれば発展途上国の労働力が最もロボットによる影響を受けやすい。

ロボットによる自動化コストが北米の低賃金労働者の賃金と同じ水準に鳴門、アメリカの労働者は影響を受けるが発展途上国の労働者が受ける衝撃はもっと顕著なものと鳴る。


ロボットによる生産が農業、製造業などに及ぶと殆どの発展途上国では残すところなく企業が海外に移転する。企業がコスト削減で利益を最大化するためだ。


ロボット化が世界を席巻する中、発展途上国では3分の2の職が失われる。此れは西側の先進国の比率より高い。先進国でロボットが生産に従事する結果、発展途上国が持っていたコスト競争力がなくなるのでこれら諸国に対する影響は巨大なものと鳴る。


此の背後には企業が利益追求を目標に生産運営を行うことがある。工場は楽しながらロボットを雇い、自動化機器があれこれ文句を言う労働者に取って代わる。


低技能労働者が多数の地区に、低い労働コストを利用して大規模に服装製造業を展開するとして、今のところはロボットを使うより人間のほうが有利だ。ロボットは人間のように微妙で素早い指さばきが出来ないからだ。


世の中を変えるような技術は利益とともにリスクを伴うのは確かだ。しかし集団心理がロボット採用を決めた時、低技術の職は自動化機械に取って代わられる。社会にもっと高度の職業が登場して新たな均衡点に至る。


報告書は「子供は出来るだけ早いうちから新技術を使い、大人になって高度で未だロボットに代替されていない職業に就けるようになったほうが良い」と提言している。

http://hea.china.com/hea/20161110/201611103692.html


これはあくまで世界の話。

万邦無比の国体=国のあり方をもつわが大日本帝国では当てはまりません。

東京でお役人に採用されれば国連の報告書などは「野蛮人の書いた戯言」です。

高級官僚も下っ端も大した差のない給料で一生安泰です。

子供は上級国民たる公務員を目指して勉強しましょうw。

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

baby powder

Author:baby powder
北海道函館から発信
在线咨询">在线咨询(☜点击

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる