北海道の発展は国益に反すると考えるのが官僚道

寄生虫官僚に呪われた北海道から電気代を考える

ロシアの電気代は日本の6分の1です。宗谷海峡にケーブル這わせて北海道にあげれば北海道電力の6分の1の価格で電力が手に入ります。なんなら北海道電力が自ら電力を輸入すればいい。そうすれば現在の半分の価格で売って、北海道一高い社員の給与、北海道一恵まれた福利厚生を維持しても十分利益が出ます。


なんんてったって総原価の2%lを利益として認める総括原価方式が適用されているのですからw。

廃品クズ官僚を少し受け入れて朝から晩まで新聞読んでお茶飲ませて給料払ってもこの方が儲かります。


原発の方が発電量が安いというのは福島第一の廃炉費用の件でまっかっかな嘘であることが暴露されました。


だから、今までの積立金でとっとと泊を廃炉にしてロシアから、そして自前の火力発電所を使うのが利益を最大化する道です。


ところが官僚、政治家が東電を守るために電気代を大幅値上げせざるを得ないようにするというのですからなんとも不合理な話です。


トンキンのクズ官僚はとにかく北海道にハンデをつけるために奮励努力してきました。その甲斐あって北海道の人口は減り続け、これに味をしめたクズ官僚はさらに北海道のネガティブイメージをマスゴミを通じてばらまきました。


例えば北海道は人口547万ですが医学部は3つだけです。将来も北海道を破壊し続けて人口を減少させるべくインフラを未整備のままにするわけです。


南アフリカとかの植民地で土民が知恵をつけないよう教育機関を設けなかった政策と同じです。

その吸血官僚がこんどは6分の1の価格で輸入できる電力を買わせず、帰って大幅値上げさせるのですから北海道が発展するわけがありません。


日本人の中のクズを東京大学法学部に集めて如何にしたら官僚になって天下り先を確保生涯収入を最大化するかだけを教えた成果が毒の花となって咲き北の大地を蝕んでいます。

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

baby powder

Author:baby powder
北海道函館から発信
在线咨询">在线咨询(☜点击

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる