新井信介 氏「京の風」から

「もうこの国は終わるかもしれません......。」常連さんのメール。日本人を真に案じているのは、誰?

  わたしのところに、以下のようなメール来ました。

名前を伏せて、転載します。

 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

もう、この国は終わるかもしれません・・・・・・・。

今日は、新井先生。

さて、今日現在、
海外ではフクイチ1号機のカバー取り外しに注目しているにも関わらず、

国内では、相変わらず、歌舞伎役者の不倫だの、子離れできない女優とその不肖息子の話題に、うつつを抜かしているノー天気な日本人が、大多数を占める状況であります。

もうこれでは、本当にこの国は、(飯山一郎さんの言う通り、)
駄目かもしれませんね……。

K・・・@東京より



福島第一ライブカメラ(1号機側)
http://www.tepco.co.jp/nu/f1-np/camera/index2-j.html

おーっ アンダーコントロールか シンゴジラか
http://inventsolitude.sblo.jp/s/article/176884926.html

 

あと、こんな事態も出ていますね。

 

横浜の娘がついに移住を決断した... 芸能人の病気の多さ 電車の急病人の多さ 友人達の白血病... もうコレやばいよね...って言ってきました。就活中で友達とも離れたくないけれど、心機一転新しい所で頑張るって...関西で就職すると決めたそうです。応援したいと思います。

 

 ・・・・・ この女性は、まだ、関西に行けば何とかなると思っているのでしょう。

    ノンベクレルに徹底できるか、自分の免疫力を高められるか、です。

     私は、北信濃にいますが、ここでも、油断はできません。 コンビニ、や菓子類は、ダメです。

    

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 誰が、今の日本を本当に、案じているのか?

 案外、ロシア・中国ではないか、と、感じています。

 

 本当の国士なら、 北方4島で、ロシアに領有権を認めても、 それと引き換えに、

 早急に、バイカル湖のあるブルヤート共和国の中に、広大な日本人居留区を求めるべきでしょう。 

 これは、昨年6~7月に、盛んに飯山さんと議論したことでした。

 地球規模で、文化の集合体として、日本人を分散させることが、日本民族の生き残りの知恵です。

 技術者・職人、若者が、まだ、健康体で残っているうちに進める。

 この3か月は、ほんとうに、重要だ。  

引用ここまで


新井先生は飽く迄楽観的です。

私には強烈な体験があります。

出居清太郎先生と言う方がおいででした。1983年に逝去されました。

土方徹三さんというお弟子さんがおいででした。

彼は松江高校から京都大学法学部へ進んだ方で、丁度旧制高等学校最後の世代です。

時は1957年、東海村で実験用原子炉が稼働し、読売新聞などは「原子力平和利用の時代来たる」

と大々的に宣伝しました。

こうした中、土方氏は出居清太郎先生との会話中、

出居清太郎先生が突然、「日本国は原子力に始まり原子力に終わる。日本国はなくなる。人口は3分の1になる。」と仰るのを聞きました。

私がそのことを土方氏から伺ったのは2010年のことです。

そして、運命の日2011年3月14日1111時を迎えます。

3号機の爆発は明らかに他のモノと違いました。


当時すでにテレビを捨てていた私はネットで3号機の爆発を繰り返し見ていました。

おそらく数百回に達したかと思います。


MOX燃料を用いる原子炉で冷却水水位が低下し、たとえ10cmでも燃料が露出したらどうなるか

私は周囲の専門家と話ししていました。


3号機の爆発による黒煙は明らかに新たな物質が生じたこと、即ち核分裂反応を示していました。

股、この見方は爆発中に3号機からオレンジ色の炎が見えることからも裏付けられました。


しかし、考えてみれば冷却水の水位が低下して燃料棒の一部が低下したのは他の号機でも同じだったのです。

違うのはプルトニウムを燃料棒に混ぜ込んだMOX燃料を使っていたかどうかだけです。


しかし、核燃料は燃やすにしたがってプルトニウムの比率が上がり、半減期が短くなり、Pu-240という半減期が6500年と極めて短いものも生ずるので結局差し替えるほかないと状況だったのです。


それから、同年5月に土方さんとお目にかかる機会があって、土方さんが「出居先生の仰ることが何を意味するか分からないまま君に伝えたんだが、今思えばこの前の原発事故のことだったんだね」と喰いつかんばかりに顔を近づけてお話しするんで少し笑えましたが、私は「きっとその通りですよ」と答える他ありませんでした。

その土方さんも2013年に亡くなりました。肺がんでした。

私たちは首都近くで百万キロワット級原子炉が「少なくとも」3基爆発するという人類史上初の体験をすることになりました。

チェルノブイリでは1基でした。

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

baby powder

Author:baby powder
北海道函館から発信
在线咨询">在线咨询(☜点击

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる