MathJax.Hub.Config({ tex2jax: { inlineMath: [['$','$'], ['\\(','\\)']], processEscapes: true }, CommonHTML: { matchFontHeight: false } });

TPPはアメリカ仲間はずれの恐怖から

TPPはアメリカ仲間はずれの恐怖から

環太平洋パートナーシップ協定は、長期的展望のある、歴史的合意である。その発効を達成できない場合、米国は多くを失うことになる。米国のオバマ大統領がCNNのインタビューで語った。

「TPP非常に多様な国家グループを結集する歴史的な合意だ。その最重要な理由は非常に単純で、それが世界最大の市場であるということに尽きる」とオバマ氏。

「我々が市場のルールを定めるのでなければ、他の誰かが定めることになる」。

大統領は議会が貿易協定に米国が参加することに同意することへの期待を表し、オバマ氏のほかに米国にTPPをいまだに支持している有力な政治家はいないという考えに不同意を示した

先に伝えられたところによると、独のジグマール・ガブリエル経済相は米国との大西洋横断貿易投資パートナーシップ協定(TTIP)をめぐる交渉は事実上決裂したことを明らかにした。

Sputnik


アメリカ文明の祖国とも言えるヨーロッパ相手のTTIPは事実上決裂しました。しかし、アジア土人相手のTPPは口先だけとはいえ、あくまで成立を目指されるそうです。


EUはそもそも貿易協定から発足して各構成国が忍耐強く域内自由貿易と経済一体化、ゆくゆくは域外とも統一的な自由貿易協定を結ぼうとしているところにアメリカがTTIPを提げて乗り込み、ロシアの軍事的な脅威から欧州を守ってやってるという恩を背景に押し売りしようとして無様な失敗を晒しました。


実はTPPも事情は全く同じです。ASEAN、中国、韓国の自由貿易体制を構築しよとしていたところに、アメリカがTPPを押し売りしたものです


そうすると両者の共通点が見えてきます。アメリカが欧州、アジアの自由貿易体制の中に自国の基準で押し入ろうとしているということです。否仲間はずれにされる恐怖感に出でるものです。

こんな傲慢なことでうまくいくわけがありません。

オバマ氏の高等戦略で口先は強硬に主張しても内心いやいやと予て主張してきましたがその戦略が間も無く実ります。

/DIV>
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

baby powder

Author:baby powder
北海道函館から発信
在线咨询">在线咨询(☜点击

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる