仏、米とのTTIP交渉の停止を要請

仏、米とのTTIP交渉の停止を要請

仏は米国との商業協定交渉を停止するよう呼びかける。30日、仏外務省のマティアス・フェクル長官対外貿易担当がこうした声明を表した。

「仏は貿易投資分野で米国との大西洋横断貿易投資パートナーシップ協定(TTIP)交渉を停止するよう求める。」

Sputnik 2016-08-31


TPIPはEUの欧州議会が締結権限を有するんで、まぁ、そのこと自体逝かれてます。

一応選挙で選ばれたとはいえ、EUという国家連合の利益の調整と構成員の利益の調整なんて出来るわけがないです。


通常の主権国家であれば議会構成員は有権者の利益と国益をマッチさせるべく努めると言うのが通常の政治過程です。


欧州議会の議員にそのような機能を期待するのは無理があります。

と言うことでフランスが言い出しっぺになってTPIP止め~た、と言ったわけです。


余波は続いており、独のジグマール・ガブリエル経済相は米国との大西洋横断貿易投資パートナーシップ協定(TTIP)をめぐる交渉は事実上決裂したことを明らかにしました。


これでよほどのことがない限りTPIPのオバマ大統領在任中の締結はなくなりました。

TPPも同じ運命を辿ります。

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

baby powder

Author:baby powder
北海道函館から発信
在线咨询">在线咨询(☜点击

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる