クリントン女史、大統領にふさわしからず

クリントン女史、大統領にふさわしからず

米大統領共和党候補のヒラリー・クリントン氏は幾度も奇妙な振る舞いをキャッチされた。これはおそらく、疲労やストレスに起因するものだろう。しかしマスコミは、ただのストレスだけではないと疑っている。


フォックスニュースがいわくクリントン氏の病歴からの抜き出しだと言い、次のように報じている。

「患者は2012年12月初めに発生した脳震盪の余病をわずらっている、患者には記憶喪失、手に負えない発作、意識の混濁が頻繁になっている。患者にはすでに「複雑部分発作」の診断が下された

また、クリントン氏は非常に奇妙な症状でたびたびキャッチされている。共和党を非常に巧みにコピーしていると考えながら、ワンワンと吠えた。ふさわしい場所だったようではあるが、適切である時間よりも物まねを非常に長く続けた。


これは全ておそらく疲労やストレスに起因するものだろう。しかし多くの有権者は、このような深刻な診断を下されたクリントン氏が大統領としてやっていけるのかを疑っている。

Sputnik


複雑部分発作についての独立行政法人国立病院機構てんかん情報センターによる説明


まず、それまで行っていた行動が止まります。それは、「仕事を一休みする」かのような仕草であらわれることが多く、顔の表情や姿勢はあまり変わらないまま反応のない状態になります。さらに発作が進むと、意識の曇りが深くなります。たとえば、食事中では箸や茶碗をもったままぼんやりとうつ向いたりします。この発作は、数十秒から数分間で終わることが多く、発作終了後の行動は、ちぐはぐで動作もゆっくりしていて、的確な行動がとれないこともあります。完全に回復したあと、発作があったことに気づかないことが多いのですが、時には「何かがあった」と自覚していることもあります。 引用ここまで


日常生活上のストレスでも起きるのに況やアメリカがっ集コック大統領においておや。選挙運動を降りた方がいいです。

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

baby powder

Author:baby powder
北海道函館から発信
在线咨询">在线咨询(☜点击

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる