日銀緩和は限界に近づいている

日銀緩和は限界に近づいている

ゴールドマン・サックス・グループも、日本銀行は金融緩和の限界に近づいているとの認識を示した。米パシフィック・インベストメント・マネジメント(PIMCO)や榊原英資元財務官らも既に、日銀の緩和拡大余地はなくなりつつあるとの見方を示している。

  ゴールドマンは日銀がマネタリーベースでの緩和拡大を続けるには、国債購入規模を計画を50%上回る115兆-120兆円とする必要があると試算。一方でその実現は厳しいとの見方も示し、その理由として日銀が既に残存期間が10年を下回る国債の38ー45%を保有し、超長期債の保有者も売りに後ろ向きであることを挙げた。

記事 

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

baby powder

Author:baby powder
北海道函館から発信
在线咨询">在线咨询(☜点击

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる