日銀異次元緩和は「政府と心中宣言」

日銀異次元緩和は「政府と心中宣言」

2013年4月15日 15:49 JST


著名投資家ジョージ・ソロス氏の投 資アドバイザーを務めた経歴を持つフジマキ・ジャパン代表取締役の藤 巻健史氏は、日本銀行が黒田東彦新総裁の下で異次元緩和に踏み切った ことは国債の暴落で日銀も破綻する事態つながるとして、「政府と心中 宣言をした」との見方を示した。


藤巻氏は「日銀資産のうち、国債の割合がさらに増えて80%か ら90%が日本国債になる。国債本位制となり、国債の信頼が崩れたら紙 幣の価値がなくなる。日銀は国と運命共同体になる」と述べた。インタ ビューは11日に行った。


藤巻氏は、「私のモルガン銀行勤務時の日銀国債保有高は50%以 下、マネタリーベースは約40兆円が常識だった。それを2年後に270兆 円にするとしており、実務家としての私の感覚では、とんでもない数字 だ。7倍にマネタリーベースを増やすことは、天と地がひっくり返るよ うなオペレーション」と説明した。


ハイパーインフレで地獄味わう


さらに、「白川方明前総裁が副作用が怖いからやらなかったこと を、副作用を無視してとんでもないことをやるのは、ものすごい大きな 賭け。この賭けは失敗してハイパーインフレが起きると思う。日銀は単 なる紙幣印刷工場に変わった」と指摘した。


日銀の大胆緩和による将来のインフレ高進の懸念も強まっている。 藤巻氏は、「安倍晋三首相と黒田総裁はハイパーインフレにゴーサイン を出した。アベノミクスで、国債を買って市場に資金を供給、円が急落 すれば、2%のインフレ目標を達成できるが、その後、制御できないだ ろう」と予想。「インフレからハイパーインフレになった時に、金利が 急騰したら国債を買う人がいなくなり、資金を吸収する手段がない。預 金封鎖と新券発行しか方法はなくなるだろう。ハイパーインフレになれ ば国の財政は持つかもしれないが、国民は地獄を味わうことになる。大 変危険なことに一歩踏み出した」と解説した。

Bloomberg

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

baby powder

Author:baby powder
北海道函館から発信
在线咨询">在线咨询(☜点击

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる