トラ氏女婿はソロスとツーカー 安倍トラ取り持ち役

トラ氏女婿はソロスとツーカー 安倍トラ取り持ち役

ドナルド大統領の長女、イヴァンカさんの夫であり大統領上級顧問を務めるジャレッド・クシュナー氏が、億万長者、ジョージ・ソロス氏のビジネスパートナーだと判明した.

ウォール・ストリート・ジャーナルによると、クシュナー氏も出資した不動産取引仲介サイト「カドレ(Cadre)」は10億ドルの融資を受けており、うち4分の1ほどはソロス氏からのもの.

トランプ大統領は選挙キャンペーン中にはソロス氏のイメージを、原則的な敵として活発に使用。ソロス氏は、ヒラリー・クリントン氏の選挙キャンペーンに参加して、1300万ドルを寄付しただけではなく、トランプ氏を嘘つきだと公言していた. SPUTNIK

--------------------------------------

トラ氏の目が届かない問題は全てクシュナー氏が仕切っています.

で、そのクシュナー氏がソロスと内通しているわけです.


ジョージ・ソロスにプーチン大統領は:私たちはロシアからあなたを蹴った神に感謝します

と言うがごとくプーチン氏とソロス氏の関係は最悪というか喰うか喰われるかの死闘を演じています. ジョージ・ソロスはジョージア、ウクライナなどで反ロシア暴動のスポンサーになり政権を打倒、国ごと略奪を成就させています.


中国とソロスの関係は1997年通貨危機以来の緊張関係です.

安倍氏はトランプ氏にルートが無く、外務省はクシュナー氏に繋ぎを付け、トラ氏就任後間もなくの会見を果たすことが出来ました.それ以後は2月の会見の際の内容まで全てクシュナー氏を通して行いました.


以上からするとトラ氏が台湾と付き合いをチラつかせたりしたのもクシュナー氏経由と推察されます.


南海問題の複雑化もトラ氏が突然いい出したことから始まりました.

クシュナー氏を突破口にしてネオコンが浸透しているのです.


さて、このような背景を持つ安倍氏とプーチン氏の付き合い.

会談が自己目的化しているとのSPUTNIKの記事が全てを表しています.


識者のコメントとして「安倍首相はプーチン氏との信頼関係醸成に努力しながら、他方ではトランプ米大統領との密接な関係を世界にアピールしています。双方から信頼されるのではなく、米露が激しく対立している中で、両方から信頼を失う可能性もあります


トラ氏が単にアジア事情に疎く、そこにネオコンが付け込んで安倍氏とトラ氏の共同記者会見に合わせてミサイルをブチ上げて緊張状態を煽るなど通謀がなければできるものではありません. クシュナー氏は統一教会とも非常に近く、統一教会は北朝鮮とツーカーです.


しかし、何時までもこの手は通りません.やがてトラ氏のスタッフが揃ってくるとクシュナー氏は北東アジア問題から外れます.

スポンサーサイト

C919試験飛行性交

C919試験飛行性交

C919a

画像引用元はCNN

China's 1st big passenger jet completes maiden flight

本日日本時間1500時から1630時まで90分間.脚を出したまま初飛行しました.

これからが本番です.

ARJ21の場合は5000時間のテスト飛行を行いました.本機種もそのくらい試験します.

沢山の問題点が出てきます.一つ一つ解決していく気の長い作業が待っています.

南海にてお待ちしてます

中国の潜水艦発射対艦ミサイル鷹撃18

何だかよく見ると上下非対称です.射程は500㎞です.

潜水艦、水上艦艇から発射されます.大きなブースターがついています.しばらくはこれで飛べます.

事前に入力された座標に向かって北斗システムから位置情報を得て自律飛行します.このとき水面からの高さは2メートルです.時化たときは波濤の高さに合わせます.グラウンド・エフェクトでうんと燃費節約できます.概ねマッハ0.8(時速1000㎞).

目標の40㎞手前に来ると上部の折り畳み翼とジェットエンジンを捨ててロケットエンジンに点火、マッハ3(時速3700㎞、秒速1㎞)に加速、飛行高度は2mです.目標に到達するまで3次元S字連続で軌道を変えることが出来ます.ノーズコーンも吹き飛び内蔵したレーダーと画像処理システムが着弾点を算出します.

軌道変更時の最高Gは10Gです.重力の10倍の力まで耐えます.最終段階でマッハ4に加速、40㎞を33秒で目標到達.ミサイル迎撃システムでは対処できません.ファランクスなどの弾幕も何処にどうするか計算している内喫水線付近に着弾します.

弾頭は2トンの通常爆弾、核爆弾です.100mくらいの軍艦であれば一発で船体が折れます.

為念ネット通販で手に入るかどうかは現段階では不明です.私にお尋ねいただいても回答しかねます

南海で中国と揉めろと「上意」

翁之意不在酒 酔翁の意は酒に在らず 狙いは他にある
Philippines President Duterte says he may turn down Trump's White House invitation

アメリカにも来てよ. 土手 忙しくていけないよ.ビデオ


国防総省は、南海で中国支配領域の12海里以内に侵入するパトロールを行うという屡次に渡る海軍の要求を抑えている.


これが原因です.


海軍の中に頭のおかしな人がイてとにかく中国と事を構えたくて気が収まりません.

ネオコンもそうしたい. そこで国の中の国とも言うべき人のネットワークが動き始めます.

トラ氏は止めるにも止めれません.なにせ元不動産屋のおじさんです.しかも政治任命の上級職員1200名のうち未だ100名も集まっていない.もともとアジアには大して関心ないところに担当スタッフすら揃わないんですから戦争を渇望するモノ、他人種を人とも思わないサイコパスの言うこともホイホイと聞いてしまいます.


ドゥテルテ氏が今回招待を断った表向きの理由は「私は予定が一杯だし、招待の理由に挙げられている北朝鮮に圧力を加えるなら中国を通さないと効き目ありませんよ」ということです.


しかし、これは表向きのことで訪米するや①麻薬犯罪人大量処刑は人権蹂躙、②中国と南海問題で対立しろ、と圧力をかけられることがわかっているからです.しかもアメリカと付き合いたいだろうがそのためには①世論を抑えなければならない、だから②の要求をのめと恩着せがましく居丈高に迫ってくるのが必定だからです.


で会談終了後の共同記者会見で「力による現状変更は認められない」と平地に乱を起こす発言をさせ、アキノ前大統領に提訴した件を引き継がせようとしているからです.


習近平氏との会談に合わせて無関係なシリアにミサイルを打ち込んで人殺しをした挙句ウォール街上がりの大富豪ロス商務長官が「あれは食後の余興」と放言する国家です.


 検察官としての修羅場を経たドゥテルテ氏なら先を見通すことは簡単です

プロフィール

baby powder

Author:baby powder
北海道函館から発信
在线咨询">在线咨询(☜点击

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる