MathJax.Hub.Config({ tex2jax: { inlineMath: [['$','$'], ['\\(','\\)']], processEscapes: true }, CommonHTML: { matchFontHeight: false } });

AIを制するものが世界を牛耳る

https://gigazine.net/news/20170905-putin-ai-ruler/

プーチン大統領が「AIを制するものが世界を牛耳る」と学生に説く


ロシアのウラジーミル・プーチン大統領が、学生に向けて学問の大切さを説く中で、「人工知能(AI)を制するものが世界を制する」と述べました。

'Whoever leads in AI will rule the world’: Putin to Russian children on Knowledge Day — RT News
https://www.rt.com/news/401731-ai-rule-world-putin/

2017年9月1日から新学年が始まるのに合わせて開催された学生を対象とするキャリア・ガイダンスフォーラムで、ロシアのプーチン大統領が登壇し、衛星回線を通じてロシア全土の1万6000校の学生や教師など100万人以上の人に認知科学や医学の大切さなどを説きました。


プーチン大統領はスピーチの中で、「AIはロシアだけでなく全世界の人類の未来です。そこには巨大なチャンスがありますが、予測するのが難しい脅威もあり得ます。AI分野でリーダーになる者は、誰であれ世界の支配者になります」と述べました。この発言を受けて、これまで強国ロシアを下支えするものは「軍事力」や「宇宙開発競争」であった方針を転換し、ロシアはAI開発に大きく舵を切ったのではないかという指摘が挙がっています。

プーチン大統領は、AI支配者論を説いたあとに、「私はAI分野を誰かが独占するのを見たくはありません」とも述べ、核に関する技術を複数の国で共有するのと同じように、AI技術を世界全体の知として共有するだろうという予測も付け加えています。

AI開発を奨励するだけでなく、「目の動きはさまざまなシステムに応用できます。宇宙空間などの極限状況下での人間の振る舞いを分析する可能性もあります」と述べ、これら映像認識に関する研究に対しては制限なき支援を提供しようと考えているとプーチン大統領は明かしています。

スポンサーサイト

中国経済への福音

中国経済へ神の祝福
中国が世界経済を支配することはできない理由とは
支配する気がないから、これが大正解。
支配したところで何も得るところがないです。

支配するということは支配される側がいるということで、口には出さねど恨みつらみがあるわけです。
支配する側は常にこのリスクを背負い続けなければなりません。
支配するイデオロギーが役立たずにも関わらず、それに固執するからバカを晒して落ちぶれる。
看板に隠れて悪さをするネオコンみたいな奴らが出てきて嫌われ者になる。

人工知能の時代には支配イデオロギーも要らないし、支配も要らないのです。
必要なのは人工知能でトップを走ることです。
そうすれば人工知能がより効率の良い人工知能を開発してより多くの福祉を供給できます。

喧嘩相手に金貸すバカ

喧嘩相手に金貸すバカがどこにおるんじゃこのボケ

美媒很困惑:一边向中国借钱一边与其对抗 能成吗?


日本という無限金庫があるから心配ありません
現在の米国債発行残高は20.6兆ドル
中国の保有高 1.2兆ドル
日本の保有高  1.09兆ドル

中国の分も日本が買い取って、
今年新規発行予定のうち1兆ドル引き受けて
さらにトラ氏提唱にかかる公共事業ボンドの種銭5兆ドルも引き受けて、固い絆の再確認で万事めでたし。

アメリカ新幹線の売上の一部、道路使用料、空港使用料は悉く日本に入り(諸経費除く)工事は日本企業が担当し、新幹線の電車は日本製を採用させ・・・と日本に莫大な富がもたらされるとわたしの師匠はおっしゃってますw。気宇壮大すぎて理解できません。

雪合戦

今日は除雪にも関わらずできてしまう尾根を崩す話です。
歩道の雪かきを毎日数度しても通る方が踏みしだく雪は少し硬くなります。
プラスチックの雪かきでは取り除けなくなります。

放置プレイでいるとその部分はだんだん高くなってカマボコ型になって、うっかりすると転びかねません。わたしは何度か転びましたw。この先少し気温が上がると融けて凍ってを繰り返すうちに氷の塊になります。こう鳴門ツルハシを使うんですが、なにせ相手はカチンカチン、疲れます。

そこで今のうちに尾根になった部分をスコップで突き崩し均してしまいます。こうすると気温が上がった時も早くアスファルト路面が出てきますし、歩道の真ん中に氷の塊が大蛇の如く蟠踞して滑って危険と言うことも無くなります。

そこまでわかると実行あるのみ! とは言っても全部を一度にはヘタレのわたしでは出来ません。
デカルト方法序説
Le second était de diviser chacune des difficultés (...)
第二、(中略)難問を分割することでした・・・

に従い、決然として困難に向かう、嗚呼、男子鉄腸の覚悟に困難なし! 本日無事性交!
取り除いたフレーク状の重たい圧雪を積み上げるのも一仕事。この歳にして「継続は力なり」を思い知り、感涙に浸るのでありました。

温暖化による大寒波も大雪もあとわずか
と勝手に思って乗り切りましょう。
これからのガス代、電気代の支払いが大変

ビットコインは「有害な毒」

ビットコインは「有害な毒」-資産家マンガー氏
Noah Buhayar
2018年2月15日 9:10 JST
米投資・保険会社バークシャー・ハサウェイのチャールズ・マンガー副会長は自身がビットコインを嫌っており、デジタル通貨と関わりを持たない考えを明らかにした。

  マンガー氏は14日、ロサンゼルスでのデイリー・ジャーナルの年次総会で「私はデジタル通貨と関わろうとは一切考えなかった。当初から嫌悪していた」と発言。「ビットコインは胸を悪くさせる。有害な毒だ」と述べた。
・・・・・・・・・・

また、中国が厳しく「ビットコインを規制している」ことは正しいとし、規制の緩い米国政府が間違っていると語った。

__________________________
付け加えることはありません。
意見の違いがありません。おっしゃる通りその通り。

待たれる人民元建て原油先物

待たれる人民元建て原油先物
効果を一つ上げその他は始まってから書きます。
やるやる詐欺みたいで屡次に渡る延期の末の期日特定ですから、また延期っきっきとなったら・・。

さて先物現物をベネズエラについてみます。
体制維持のため安売りする度胸があるかどうか次第ですが。

同国は現在 アメリカによる経済制裁の下にあり国民生活の窮乏その極みです。
原油を食べたり飲んだり出来ません。

原油を売って工業製品を調達するんですが制裁でドルの調達が出来ずに必要なモノを買えません。
食糧生産を支える物資も同様です。

先物現物が始まるととにかく現物をわたして人民元が中国内の口座に振り込まれ、このカネで中国製の品物を買うことができます。

クーデタ 選挙 介入

存在しないロシアゲートを宣伝する米国は軍事侵略やクーデターだけでなく選挙にも介入してきた(櫻井ジャーナル)

https://plaza.rakuten.co.jp/condor33/diary/201802170000/
2018.02.19 櫻井ジャーナル


13名のロシア人とロシアの3機関を起訴するとロバート・ムラー特別検察官は2月16日に発表したが、起訴状の中身は空っぽと言える代物だった。NSA史上最高の分析官のひとりと言われているウィリアム・ビニーが早い段階から指摘しているように、もしロシアゲートなるものが存在しているならNSAは証拠を持っているので調査は不要、つまり特別検察官を任命する必要はなかった。つまり、ムラーが特別検察官になった段階でこの疑惑がインチキだと言うことははっきりしていたと言える。

ロシアゲート事件はインチキだが、アメリカ政府は世界中で選挙に介入してきた。それだけでなく軍事侵略、軍事クーデター、1980年代からは傭兵を使った侵略を繰り返している。

第2次世界大戦後に行われた有名なクーデターだけでも1953年のイラン、54年のグアテマラ、60年のコンゴ、64年のボリビア、ブラジル、66年のガーナ、71年のボリビア、73年のチリなどがすぐ頭に浮かぶ。

そのほか、1961年には亡命キューバ人を使ってキューバへの軍事侵攻を試み、79年から89年にかけてはアフガニスタンで秘密工作を実施、81年から87年にかけてはニカラグアの革命政権を倒すために前政権の戦闘員を使ってコントラを編成して攻撃している。1960年代から80年代にかけてのイタリアではCIAを黒幕とする極左を装った爆弾攻撃(テロ)が繰り返された。その工作を実行したのがNATOの秘密部隊のひとつグラディオだ。

このイタリアは戦略上、重要な位置を占めているのだが、コミュニストの影響力が強い国でもあった。第2次世界大戦中、西ヨーロッパでファシストと戦ったのはレジスタンスで、その中心はコミュニスト。そうしたこともあり、1948年に予定されていたイタリアの総選挙ではコミュニストが優位だと見られていた。そこでアメリカ政府は総選挙に介入している。

その際、創設から間もないCIAが重要な役割を果たした。その工作資金1000万ドルを洗浄するため、無数の銀行口座を経由させている。その資金はドイツがヨーロッパで略奪した財宝、いわゆるナチゴールドの一部が使われたという。

ローマ教皇庁のフランシス・スペルマン枢機卿によると、アメリカ政府は密かに、「イタリアにおける多額の『裏金』をカトリック教会に流していた」。(クリストファー・シンプソン著、松尾弌之訳『冷戦に憑かれた亡者たち』時事通信社、1994年)

このスペルマンの高弟だというブルーノ・ビッター(ビッテル)という神父が日本で活動していた。朝日ソノラマが1973年に出した『マッカーサーの涙/ブルーノ・ビッテル神父にきく』によると、GHQ/SCAPの内部で高まっていた靖国神社を焼き払えとい意見を押さえ込んだのがビッターだという。

ビッターは日本で闇ドルを扱っていたことでも知られ、その資金がリチャード・ニクソンを副大統領にするために使われたとも言われている。副大統領になった最初の年、1953年にニクソンは日本を訪れている。月刊誌「真相」の1954年4月号によると、日本でニクソンはバンク・オブ・アメリカ東京支店の副支店長を大使館官邸に呼びつけて「厳重な帳簿検査と細かい工作指示を与え」ているが、この会談にビッターも同席していたという。

その会談の後、霊友会の闇ドル事件にからんでビッターは逮捕された。外遊した同会の小谷喜美会長に対し、法律に違反して5000ドルを仲介した容疑だった。当時の日本人エリートは海外旅行する際、日本カトリック教団本部四谷教会のビッターを介して闇ドルを入手していたとされている。

この事件を掘り下げていくとCIAの秘密工作やアメリカ政界の暗部が浮かび上がる可能性がある。そこで、ビッターが逮捕された際に押収された書類はふたりのアメリカ人が警視庁から持ち去り、闇ドルに関する捜査は打ち切りになってしまった。秘密裏に犬養健法相が指揮権を発動したと言われている。

オーストラリアで労働党のゴウ・ウイットラム政権がアメリカに潰されたことも知られている。1972年12月の総選挙で労働党が大勝したことで成立したのだが、ウイットラム首相は自国の対外情報機関ASISに対し、CIAとの協力関係を断つように命令した。1973年9月にチリで実行されたオーグスト・ピノチェトのクーデターで社会党のサルバドール・アジェンデ政権を倒しているが、ジャーナリストのデイビッド・レイによると、チリでASISがCIAと共同でアジェンデ政権を崩壊させる工作を展開していたことをウイットラムが知っていたことを示す文書が存在するという。(David Leigh, "The Wilson Plot," Pantheon, 1988)

1973年3月にウイットラム政権の司法長官は情報を政府に隠しているという理由で、対内情報機関ASIOの事務所を捜索、翌年8月には情報機関を調査するための委員会を設置している。(前掲書)

こうした動きに危機感を抱いたCIAは1975年11月、イギリス女王エリザベス2世の総督、ジョン・カー卿を動かし、ウイットラム首相を解任してしまう。ジョナサン・ウイットニーによると、カーは第2次世界大戦中の1944年、オーストラリア政府の命令でアメリカへ派遣され、CIAの前身であるOSSと一緒に仕事をしている。大戦後はCIAときわめて深い関係にあった。(Jonathan Kwitny, "The Crimes of Patriots," Norton, 1987)

マラー捜査の結果: 皆無

マラー捜査の結果: 皆無
2018年2月18日 マスコミに載らない海外記事

2018年2月16日
Paul Craig Roberts

今日(2018年2月16日、金曜日)13人のロシア人と、3つのロシア組織がソーシャル・メディアを利用して、2016年選挙に影響を与えようと策謀したと起訴して、ロバート・マラーは、彼自身と彼が画策したロシアゲート捜査の信用を傷つけたのだ。連中の狙いは、“アメリカ政治体制に不和の種を蒔くこと”だったとマラーは言う。
https://uk.reuters.com/article/uk-usa-trump-russia-indictment/u-s-charges-russians-with-2016-u-s-election-tampering-to-boost-trump-idUKKCN1G023G

9ヶ月間の捜査で得られるものとして、一体何と惨めな結果だろう!

ヒラリーの電子メールをロシアがハッキングしたという喧伝され、毎日聞かされた話題は、マラー起訴のどこにも見あたらない。その代わりに“不和の種を蒔くため、ソーシャル・メディアを使った”のだと言う。本当だ! たとえ起訴が正しいにせよ、民主党がトランプに投票した人々を、人種差別主義者、性差別主義者、同性愛嫌い白人のくずのみじめな連中と呼んだ前回の大統領選挙での大変な不和を考えると、たった13人のロシア人がソーシャル・メディアを使って、一体どれだけ不和を増やせるのだろう?

トランプ/プーチン共謀も、マラーの起訴には含まれていないことにも注目しよう。マラーの起訴は、不和の種を蒔こうというロシアの計画は,トランプが、2017年に大統領に出馬するだろうという何らかの考えが現れる前の2014年に始まったと言う。策謀とプーチンとのつながりは、策謀にはサンクトペテルブルクのレストラン経営者が資金を提供したが、彼とプーチンとのつながりは、彼の会社が、ロシア高官と外国首脳の公式晩餐会の仕出しを一度したことだという主張に成り下がった。
https://uk.reuters.com/article/uk-usa-trump-russia-indictment/u-s-charges-russians-with-2016-u-s-election-tampering-to-boost-trump-idUKKCN1G023G

最後に、マラーの起訴公表が、ニュースが無い週末だったのは、トランプに対するプーチンと共謀したという売女マスコミがたっぷり我々に与えてくれた膨大なプロパガンダ猛攻を正当化するものが皆無だと、マラーが知っていたことを意味するのに留意しよう。もし起訴が、なんらかの価値ある代物だったら、月曜日朝に発表されたはずで、売女マスコミはFBIとCIAから、新聞に掲載するためのニュース記事を手渡されていたはずなのだ。

13人のロシア人は、一体どうやって不和の種を蒔いたのだろう? これを聞く用意がおありだろうか? 彼らはアメリカ人を装った政治集会を開催し、彼らは、ある人物(身元不明)に平床型トラックに載せる檻の制作費を支払い、別の人物には、囚人服を着せ、ヒラリーを演じさせたのだ。

この策謀に一体どれだけの金が使われたのだろう。月120万ドルという予算は、前回の選挙で、ヒラリーとトランプが使った26.5億ドルと、連邦議会の全候補者が使った68億ドルからして、遙かに些少な額だ。
https://www.cbsnews.com/news/election-2016s-price-tag-6-8-billion/

マラーは、ロシア人13人の一部の電子メールを入手していると主張している。もし電子メールが本物なら、これはまるで少人数の子供が大きなことをするまねゴッコ遊びのようだ。電子メールの一つは、FBIが彼らを追跡しているので、証拠を隠蔽するのに多忙になったと自慢している。

ポール・ライアン下院議長はマラーの策略に引っかかった。

NSAスパイ・プログラムの設計者、ウィリアム・ビニーが言ったことを想起されたい。もし何かそのようなロシアゲート策謀が存在していれば、NSAは証拠を持っているはずだ。捜査など不要なはずだ。
彼らのスパイのFISA裁判所による承認要求が欺瞞に基づいていたことが知られてしまった以上、マラーとローゼンシュタインは自分たちの命を守るために戦っているのだと結論づけられる。以下を参照。
https://www.paulcraigroberts.org/2018/02/05/will-conspiracy-trump-american-democracy-go-unpunished/

マラーは、 FBIによるFISA裁判所欺瞞から注目を逸らせる続けられるだろうと願って、ロシア政府職員ではない人々に対するこのばかげた起訴をしたのだ。

マラーは、FBI長官として実証したのと同様、特別検察官として、道徳の欠如を実証したのだ。

Paul Craig Robertsは元経済政策担当の財務次官補で、ウオール・ストリート・ジャーナルの元共同編集者。ビジネス・ウィーク、スクリプス・ハワード・ニュー ズ・サービスと、クリエーターズ・シンジケートの元コラムニスト。彼は多数の大学で教えた。彼のインターネット・コラムは世界中の支持者が読んでいる。彼 の新刊、The Failure of Laissez Faire Capitalism and Economic Dissolution of the West、HOW AMERICA WAS LOST、The Neoconservative Threat to World Orderが購入可能。

記事原文のurl:https://www.paulcraigroberts.org/2018/02/16/result-muellers-investigation-nothing/
----------


人民元建て原油先物

中国、3月末に人民元建て原油先物を上場へ 


2018/2/9 19:09


 【上海=張勇祥】中国は人民元建ての原油先物を3月26日に上場する。中国証券監督管理委員会(証監会)が9日に発表した。中国は米国を上回る世界最大の原油輸入国で、自国の需要動向を国際価格に反映させることをめざす。中国の先物市場として初めて外国人の参加も認める。

 上海先物取引所傘下の「上海国際エネルギー取引所」に上場する。取引は中東産原油を対象とし、米国のWTI(ウエスト・テキサス・インターミディエート)や欧州の北海ブレントが国際指標となっている現状に対抗する狙いだ。

 米エネルギー情報局(EIA)などによると中国の2017年の原油輸入量は日量840万バレルで、790万バレルの米国を初めて上回った。中国は最大の原油輸入国になったのに、欧米主導で国際価格が決まることに強い不満を抱いてきた。原油先物を自国に上場することで既存の価格形成のあり方に一石を投じる。

 制度設計からも、原油価格の新指標を自国内に持ちたい中国の狙いはみてとれる。原油の輸入元は中東やアフリカ、ロシアなどに偏る。対象を中東産にすることで、価格変動リスクをより回避しやすくなる。現物の受け渡しも可能とし、海外の資源メジャーや実需家などの取引を引き寄せる

 海外企業が直接、取引に参加することも認める。中国が商品先物取引を外国人に認めるのは初めて。段階的に海外投資家による取引を拡大してきた株式に続く大規模な規制緩和となる。一連の制度整備を通じ、中国は原油先物を中長期的に国際指標の一角に育成する。 元の国際化に役立てたいとの思惑もある。中国の原油先物が指標として存在感を増せば、元建てでの価格が日々、多くの需要家や投資家の目に触れることになる。中国は米国と摩擦を抱えるロシアなどとの資源取引を拡大し、元建ての決済を増やそうとしている

以上です 日経

ルイセンコ学説

このルイセンコ学説ってのがすごくて楽しめます。 普通ね、思った通りの結果が出なければ自分のやり方を少し改めるとか 出来ない部分を小分けにして噛み砕くとかするもんですが


ソ連時代の食料事情っていつも「ノルマを達成できると確信するに足る十分な根拠がある」と言っていて秋になるとアメリカと輸入交渉という有様でした。農業問題ってのもソ連を崩壊させた一因です。

それはそれは大したもんで、例えば種子を寒気にさらすと、春になって芽を出す能力が強くなるっていうのがあるんですが、「それなら雪の上に直接蒔けばいい」ってんで本当に雪の上に撒いたんです。お日様が当たって少し暖かくなると種子は水を吸って膨らんで、夜間の冷気で凍結しておしまい。鳥の餌です。

怒ったルイセンコさん、種子の管理をしていた科学者が富農の出身でプロレタリア階級の敵であるという理由でシベリア送りにしてしまいます。

しまいには議会で旧来のメンデル遺伝理論、ダーウィンの適者生存などはプロレタリア階級の敵でありその信奉者はソビエト体制の階級敵となる覚悟をもて、とまで言います。

まだDNAも発見されていない時代にあまりに過激なことをやるもんだから、後日すっかり顧みられることは無くなります。

どれだけの方が投獄、餓死、処刑の憂き目にあったかわかりません。

時間と人命を浪費する政治学

数々の偉業を成し遂げた人類であるが、その脳の一部は同時に四つのことまでしか対応できないそうだ。

 私たちの作業記憶が意外なほど小さいことを明らかにしたのは、米ボストン大学の研究チームである。同チームは、時間と空間用の作業記憶は必要なときに追加の視覚および聴覚処理ネットワークを動員できることも明らかにしている。


4バイトのRAMしか搭載されていないPCを買う気になれますか?」と共同著者のデビッド・ソマーズ教授。4メガバイトでも、4ギガバイトでも、4キロバイトですらない。4バイトだ。このようなちっぽけな記憶容量しかないのに、人間が一体どのように様々な処理を実施しているのか非常に不思議である。


作業記憶とは、情報を一時的に保持し、その処理を行う構造や過程を意味する概念だ。短期記憶と混同されることがあるが、両者は別物である。短期記憶は、素材の操作や統合を行わないため、はるかに多くの情報を保持できる。


 一方、作業記憶は通常は限られた容量しか備えておらず、従来は七つの情報の塊しか保持しておけないと考えられてきた。これは、数字、文字、単語などを単位とするものであるが、何より記憶回路ネットワークが大変である。あろうことか、その容量は四つにまで減ることになった。

 従来の学説では、目からの視覚情報と耳からの聴覚情報は統合され、抽象的思考が発生する前頭葉に到達するとされていた。

1_e2

 研究チームは機能MRI実験を実施してこの説を検証してみた。その結果、前頭葉にある大きな注意ネットワークは、一方は視覚、他方は聴覚のための二つの交互的な注意ネットワークであることが判明した。

 「視覚系は空間処理については素晴らしいのですが、時間処理についてはそこそこでしかありません。しかし、聴覚系では、時間処理が驚異的であるのに対して、空間処理については特に優れているわけではありません」とソマーズ教授は説明する。

 これは言い換えれば、例えば疾走する救急車など、ある人が空間内の物体を認識しようとしたとき、視覚は聴覚よりも優れているが、時間的間隔を把握しようとしているときは、聴覚が優れているということだ。
 
2_e1

 だが、視覚的な手がかりなしで騒音の位置を思い出すなど、劣っている方を利用せざるを得ないときはどうなるのだろうか? チームはこの疑問についても取り組んでいる。実験では、被験者に聴覚を使った空間的作業と、視覚を使った時間的作業を行ってもらった。

 この実験からは、二つのネットワークが緊密に連携して、視覚ネットワークが空間内の出来事の認識を、聴覚ネットワークが時間経過的な出来事の認識を助けていることが分かった。

 「ある意味、私たちは空間情報が視覚的なものでなくても空間を見ているわけです。反対に、時間経過的情報が聴覚的なものでなくてもタイミングやリズムを聴いています」とソマーズ博士。こうした連携によって、視覚と聴覚は互いの容量を補強しているようだ。
________________________________
政治学ってのはせいぜいこの程度の頭の人間が思いついたことをまとめた学問。
だから、実際のありようからの誤差がとても大きい。ある事象をうまく説明し、晴れてイデオロギーとして一派を成しても違う事象には全く歯が立たない。そこで分派するw。馬糞の川流れのごとく別れて互いにいがみあう。

東京日日新聞(一六八六七号)

1923年の関東地方は地震によって壊滅的な被害を受けて民心と社会秩序が酷く混乱に陥った状況下において内務省は戒厳令を宣告し、各地の警察署に治安維持に最善を尽くすことを指示した。しかし、そのときに内務省が各地の警察署に下達した内容の中で「混乱に乗じた朝鮮人による凶悪犯罪、暴動などを画策しているので注意すること」という内容があった。この内容は行政機関や新聞、民衆を通して広まり、朝鮮人や、間違われた中国人、内地人であるところの日本人(聾唖者など)が殺傷される被害が発生した。

東京日日新聞(一六八六七号)に「火をのがれて生存に苦しむ牛込」「雨と火と朝鮮人との三方攻め」といふ題下にて、次の如き記事が載せてあつた。 「火に見舞れなかつた唯一つの地として残された牛込の二日夜は、不逞鮮人の放火及び井戸に毒薬投下を警戒する為め、青年団及び学生の有志達は警察、軍隊と協力して、徹宵し、横丁毎に縄を張つて万人を附し、通行人を誰何する等緊張し、各自棍棒、短刀、脇差を携帯する等殺気立ち、小中学生なども棍棒を携へて家の周囲を警戒し、宛然在外居留地に於ける義勇兵出動の感を呈した。市ヶ谷町は麹町六丁目から、平河町は風下の関係から(此所新聞紙破れて不詳)又三日朝二人連の鮮人が井戸に猫イラズを投入せんとする現場を警戒員が発見して直ちに逮捕した。」  下野新聞(九月六日)に「東京府下大島附近」「鮮人と主義者が掠奪強姦をなす」と云ふ題下にて次の如き記事が記載されていた。 「東京府下大島附近は、多数の鮮人と支那人とが空家に入り込み、夜間旺に掠奪強姦をなし、又社会主義者は、市郡に居る大多数の鮮人や支那人を煽動して内地人と争闘をなさしめ、そして官憲と地方人との乱闘内乱を起させ様と努めて居る許りでなく、多数罹災民の泣き叫ぶのを聞いて、彼等は革命歌を高唱して居るので、市民の激昂はその局に達して居る。」

流転

作詞:藤田まさと、作曲:阿部武雄、唄:上原 敏

1 男命を みすじの糸に
  かけて三七(さんしち) 二十一(さいのめ)くずれ
  浮世かるたの 浮世かるたの
  浮沈み

2 どうせ一度は あの世とやらへ
  落ちて流れて 行く身じゃないか
  鳴くな夜明けの 鳴くな夜明けの
  渡り鳥

3 意地は男よ 情は女子(おなご)
  ままになるなら 男を捨てて
  俺も生きたや 俺も生きたや
  恋のため




軍事ケインズ主義


政府が金をばら撒けば景気がよくなる。 しかも乗数効果によって支出の何倍もの効果がでる、ってのがケインズの有効需要理論です。 有効需要(EFFECTIVE DEMAND)って深い意味はありません。需要家がカネを持ってるとのことです。 試しに無効需要を調べても何もヒットしません。

さて、1929年10月29日のNYウォール街の大暴落に端を発する世界恐慌にあたりアメリカはケインズ政策を採用、ニューディール政策と称して大公共事業を打ちます。フーバーダムが有名ですね。
ところがこの政策による景気回復など大したもんじゃなく第2次大戦参戦による自由世界の兵器廠であったことの方が経済を回復させたとする見解があります。

ここから軍備大拡張での政府支出による景気回復指向を軍事ケインズ主義と呼びます。
トラ氏はどうやら軍事ケインズ主義をとるようです。
戦争を実際にやるかどうかなんて関係ないとにかく軍需企業の操業率をあげて景気回復だということです。

実際の戦争になると核兵器が飛び交う可能性があります。兵器を山のように積み増しし、同盟国には最新兵器を言い値で怒涛のように売りつける。

いざ実戦という事になれば 戦争によって焼け野原になるのは 一時に大量かつ強制的な減価償却とプラスに考えて設備更新需要が殺到すると考えればいい。死者の痛みなど時間とともに忘れる、第一に人はいつか死ぬ、と考えればいいのです。

Crude Oil: Higher Prices

February 16, 2018
Crude Oil: Higher Prices in 2019, 2020
Jim Rogers
______________
内容は15日のものですので省略

超大型シロフクロウ

些細なことですが載せておきます。
北斗市旧大野地区は何もありません。
北海道水田発祥の地だけあってただ一面の水田が広がっています。
だけど山側、渡島半島西側に行くと風景は一変します。
だけど交通の便が悪くて引っ越す度胸がありません。
車を持てばいいんでしょうがコストを考えると・・。
何もないから民家の庭先にシロフクロウが佇むという現実離れした場面に出くわします。

同所からセメント工場までの間はなんだか妙に平坦です。
驚くことにギリシャ正教会の教会があります。
それと桜が異様に綺麗です。川の流れの中にカオリン石がゴロゴロしています。

シリアが邪魔なだけ

不確実化するヨーロッパのエネルギー地政学
http://eigokiji.cocolog-nifty.com/blog/2018/02/post-730f.html
2018年2月17日 マスコミに載らない海外記事




2018年2月9日
F. William Engdahl

ヨーロッパのエネルギー地政学と、EUエネルギー供給安全保障は極めて不確かになりつつあり、議論を引き起こしている。一体誰がEU市場への天然ガスの主要供給者になるのかを巡る最近の展開が進んでいる。世界最大の天然ガス市場の一つであるEUで市場を求める激化する競争での主役には、ロシア、ノルウェー、アゼルバイジャン、カタールと、最近では、LNGタンカーでのシェール・ガスというアメリカがある。この混戦の中、1960年代以来、EUへのガスの主要供給国であるオランダが、オランダ最大のガス田の生産を大幅に削減すると決定した。

1月27日、ワルシャワでの、ポーランドのモラヴィエツキ首相との悪意ある会談中、アメリカ国務長官でエクソンモービルの元CEO、レックス・ティラーソンは、あからさまにこう発言した。“ポーランド同様、アメリカ合州国はノルド・ストリーム 2 パイプラインに反対だ。これはヨーロッパ全体のエネルギー安全保障と安定性を損なうものだと考えている。” これは、現在ノルド・ストリームIで、北ドイツに輸送されている既存のガス容量を倍増させるため、バルト海で、ロシアのガスプロムによって建設されつつある二つ目の海底ガス・パイプラインのことだ。ノルド・ストリーム IIは、 550億立方メートルのロシア・ガスをドイツ経由で輸送する予定だ。

ポーランドのマテウシュ・モラヴィエツキ首相は記者会見で、ロシアのノルド・ストリーム II パイプライン完成時に、経済制裁を課するようアメリカ大統領を説得して欲しいとティラーソンに強く促したと述べた。モラヴィエツキ首相はこう述べた。“我々はノルド・ストリーム2について話し合った。ノルド・ストリーム 2 パイプライン建設を、対ロシア経済制裁を含んでいる、アメリカ経済制裁法の対象にして欲しい。”

二つのノルド・ストリーム パイプラインは、政治的に不安定でロシア嫌いのウクライナ経由のロシア・ガスの流れの途絶を避けるよう意図的に考えられている。2017年6月、アメリカ大統領が、EUによるアメリカ・シェール・ガスLNG輸入を推進するため、ワルシャワで劇的登場をし、トランプがポーランドに、遥かに高価なアメリカLNGに頼るべきだと説得して、ポーランドはアメリカLNGの最初のタンカー出荷を受け取った。アメリカはポーランドや他の国々に、t反ロシアの雰囲気が強いブリュッセルに、ガスプロムとの交渉を引き継ぐよう要求しろと圧力をかけている。少なくともこれまでは、ドイツ国内の商業問題だと主張し、ドイツは拒んでいる。昨年・・・・・

_______________________


って言ってるんですけど、シリアが邪魔で潰したいんです。

だからイスイス団を送り込んだ。

シリアを乗っ取ればシリア沖の巨大海底ガス田も手に入る。

シリア国内の油田も手に入る。

トルコの大統領も処分してトルコ経由の対欧州パイプラインをただで使う。

ロシアを追い出せばこれらが皆可能になる。

ロシアは外貨を得られなくなって政情不安に陥る。

「民主化運動」が全国で沸き起こりプーチン氏は選挙で負ける。

ロシアを食い取れば中国も裸になって乗っ取りが容易になる。


プロフィール

baby powder

Author:baby powder
北海道函館から発信
在线咨询">在线咨询(☜点击

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
カレンダー
01 | 2018/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 - - -
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる